Blog

海星館ブログ

2021年11月23日

部分月食!!

撮影 しみず

 

ことごとく天候に恵まれなかった最近の天文ショー。

今回はどうかなと天気予報をみながらやきもきしていましたが

19日、なんと最高によく晴れて月の出早い段階から観察ができました!

 

 

太陽が沈み薄明り残る東の空に

三日月状に欠けた月がぼんやりと姿を現しました。

海星館では17時より観察会を行い、6.7名ほどのお客様がこの時にはいて

20分頃から見え始めた月を見て歓声があがりました✨

 

大分からは「月出帯食」という、すでに月食が始まって欠けた月がのぼる状態でした。

 

早い時間帯からのスタートのうえ平日だったため来館される方は少ないかなと

思っていましたが、お仕事などが終わってからそのまま来ましたという方も続々と増え、

月食終了までに多くの方にご来館いただきました。

 

 

撮影 海星館館長(川田)

 

この日は月の近くにプレアデス星団(すばる)が位置しており

本来なら満月の光でかき消されてしまいます。

月食の最中は、観察できるチャンス! すばるさがしをして星の数をいくつ数えられるかなどして

楽しみました。

 

すばると月食中の満月 撮影 Shoji.Kさん

 

幻想的ですね✨

なかなかこのような写真は撮れないので、美しくてうっとりしてしまいますね(*´ω`*)

 

ところで、月食の時に「ターコイズフリンジ」と呼ばれる美しい青い帯状の現象を

見ることが出来ます。見ることが出来ると言っても目ではわかりません。

カメラ機材と設定、または画像処理をするなどして写真の中で見ることが出来ます。

 

未加工 撮影しみず

 

画像処理後 撮影しみず

 

赤銅色の影がかかっている部分と、本来の月明かりとの境目。

青みがかった帯状の部分がターコイズフリンジです。

月食の時、太陽の光が地球の大気を通過する際に波長の長い赤い光だけが通過し

赤銅色に月が見えますが、地球の大気でも、オゾン層を通過したものは青い光(ターコイズカラー)となって

月に届きターコイズフリンジと呼ばれる現象がみられるようです。

今回のように深い部分月食の時や、皆既月食の時はその直前後にチャンスがあります。

 

ターコイズフリンジ 撮影Shoji.Kさん

 

こちらの写真はとてもきれいにターコイズフリンジが出ていますよね!

クリックすると大きな画像で見ることが出来ますのでぜひご覧くださいね。

 

次の月食は、1年後の2022年11月8日です。

この時はなんと1時間にも及ぶ皆既月食です。今回見逃した方も

楽しみに待っていましょうね!

 

いろんな地域からせーので見上げる夜空。見つめる月に想いがたくさん。

かつて偉人も見上げた月。時間を超えて場所も超えて。

ちょっとロマンを感じる天体ショーでした★

 

次は・・・流星群、かな。

海星館では前倒しの12日に観察会を予定しています。

月明かりに負けない流れ星を期待して待ちましょう(^_-)-☆

 

 

洗車はしなかった、だから晴れたと思う人!手をあげて(笑)しみず☆*。

 

2021年11月05日

灯台一般公開日!

今年120周年を迎えた関埼灯台。

今年も11月に一般公開が決まったようですよ✨

 

11月7日(日)は10時から15時、ぜひ遊びに来てくださいね。

 

海保×海星館 コラボ企画、スタンプラリーにぜひ参加をして

レアな記念品をゲットしよう!

灯台からでも、海星館からでもどちらのスタートでもOKですよ✨

 

普段は灯台の足元までは行けますが、中にはこのような機会がないと入れません。

ぜひこの機会に見学へ!

 

灯台内部には資料などの掲示もあり、海保の職員の方々が説明をしてくださいます♡

貴重なお話聞けそうですね!

そしてうーみんも来てくれるかも。。。

 

楽しみ、楽しみ(*´ω`*)

 

海星館にも灯台レンズが展示されているのでぜひ両方とも楽しんで下さい!

 

時間や記念品など、限りもありますのでお早めにね!

 

灯台の中から見る景色はフシギで最高なんですよ(*^^*) しみず☆*。

2021年11月01日

11月19日に月食が起きます!

 

11月に入り、カレンダーをめくりました。

残り2枚、今年もここまで早かったなぁとしみじみ感じています。

 

年末の足音が聞こえるたびに段々と気持ちも急いてきますが

のんびり空を見上げて、ほっと一息つきましょうね!

 

11月、今月は大きな天体ショーがありますよ✨

今回は、ほぼすっぽりと地球の影に入る月食ですが、わずかに全部かくれないことで

「部分月食」となっています。

 

太陽に照らされると影ができますが、それは宇宙でも同じ。

太陽とは反対方向に地球の影が宇宙空間に延びています。影が伸びているその場所に

たまたま月が入ると「月食」という現象が起きます。

 

 

地球上から見ると月は満月です。

月食がすすむと、満月はぼんやりと暗くなっていき欠けたように見えます。

日食のようにスパッと境目がはっきりしないのは、

日食は月が太陽を隠すことに対し

月食は地球のぼんやりとした影の部分に月が入るからなんですね。

 

11月19日。ぜひこの日は月の観察をしてみましょう!

 

でも時間には気を付けてくださいね(;^ω^)

月の出の頃にはもう月食が始まっているので、気づいたときは「終わってた!!!」ということも。

また高度も低いですので、東側が開けたところで観察をしましょう。

 

 

月さえ見えていれば特別な道具は要りません。

目でみてヨシ、望遠鏡で見て良し、双眼鏡でもよし!撮影もよしッ!ということで

足元や車に気をつけて観察してみてくださいね。

 

スケッチもすると記録や思い出にもなります。

ちょっと頑張れば、そのスケッチから月の大きさや距離をざっくり計算することもできます。

 

 

 

 

この日は海星館でも観察会を実施しますが、高度が低いため

大きな望遠鏡での観察は食の最大後、満月に戻りつつある時間帯からとなります。

それまでは、2階テラスに望遠鏡を出して観察しますが

多くの方が来館されると思われますので、全員が一度は観察できるよう

職員の誘導に従っていただければと思います。

 

 

晴れるとよいですね(*^^*)ノ♪

 

 

ある意味宇宙規模の影遊びだね!! しみず☆*。