《公式》関崎海星館

お知らせ

TOP » お知らせ » 団体利用について

団体利用について

団体でのプラネタリウム利用について、お問合せが増加しております。

また数人に分け一般投影枠にご予約される組織団体さまが見受けられますが、団体利用料金の適応外です。また10名に満たなくとも、組織団体と判明した場合は当日申請書をご記入いただきますが、投影中の観覧ルールが守れないなど見受けられた場合は今後のご利用をお断りすることがございます。

放課後等デイサービスなど組織団体のご利用につきましては団体利用投影枠を決めております。

基本的には平日に利用枠を設定していますがスケジュールには変動があり一律ではありません。

 ■基本的な団体利用枠・団体利用可能枠※

「みんなのほしぞらプラネタリウム」では一般の方も観覧します。貸し切りでのご利用はできません。占有とならない人数でご予約ください。

貸し切りをご希望される場合は団体利用枠をご利用ください。

 ■団体利用枠利用のメリット

・投影番組や内容・所要時間などご要望に応じます。(1投影30~50分)

22名以上であれば複数のグループに分け時間内にて都度投影、座席を取外し直に座ったり寝転んで…など。

・基本的なルールはお守りいただきますが、投影中の退室、再入室など団体代表者の判断で可能となります。

・団体代表者の判断により安全の範囲内で投影中の座席離れを容認いたします(危険と判断した場合は投影中でありましてもお声がけします。)

安全上のお願い

・背もたれを倒すと座席の間が大変狭くなります。移動が難しくなりますので席を立つ際はお近くの方は背もたれをもとに戻すなどご協力をお願いいたします。

・意図せぬ事故などを防ぐためにも、事情がない限りはご着席の上観覧をお願いいたします。

・室内が暗くなること、背もたれが倒れることなどから誤飲・誤嚥のリスクが高まります。そのようなことからもプラネタリウム内でのご飲食は固くお断りいたします。

・精密機器があります。また衝撃に弱い設備もありますので投影機や照明などにお手を触れないようお願いいたします。

・遮光・遮音のため扉は重くなっています。開閉はスタッフで行いますのでお任せください。

そのほか

・プラネタリウム室内には電源があります。医療機器など電源が必要な場合ご利用になれます。

・フラットな出入口や室内となっているため座席を取り外すことで車いすやバギーのまま入室しそのま観覧することができます。

・館内入口前まで車両乗り入れが可能です。誘導いたしますのでお申し込み時にお知らせください。

・軽度な難聴に対応する赤外線補聴システムのご用意があります。


contactお問合せはこちらから